敷金、礼金、保証金の違いとは?

賃貸マンションを貸りる場合に敷金や礼金、保証金といった言葉を耳にしますがそれぞれの意味に関しては敷金と礼金の意味は同じで保証金という言葉は関西地区では敷金や礼金の事を保証金と言います。保証金は住んでいる期間中にもしも何かあったときのために預けておく担保金になります。主に家賃の未払いなどが発生した際にここから家賃を払う仕組みになっていて退去時にはハウスクリーニング代として相殺される場合が多いので住んでいて何もない場合や退去時にハウスクリーニングをする必要がなかったりするとこのお金は返還されます。 礼金は部屋を借りる際に家主に部屋を貸してくれた感謝を伝えるための感謝金の事を礼金と言います。ですが、この文化は関東地方にはない文化になりますが礼金の代わりに退去時に敷き引きとして差し引かれる事になります。 部屋を借りる際にはこの敷金や礼金がない賃貸マンションもあるので敷金や礼金を払いたくないという人は敷金や礼金が0円の賃貸マンションを探せば払う必要がなくなります。関西地方に住んでいる場合には保証金がなしのマンションも存在しているので保証金が0円のマンションに住めば保証金を支払う必要がないので保証金を払いたくない人には最適です。